アフィリエイト初心者さんのための SEO用語集 2

SEO用語集 2前回の続きで、SEO用語集2です。

できる限りわかりやすく解説を

しました。

そのため、文字数が多くなって

しまいました。

ご了承ください。

 

SEMとは

 
Search Engine Marketing の略です。(検索エンジンマーケティング)

簡単にいいますと、SEO対策をして、マーケティングしていくことです。

 

ここでいうマーケティングというのは、検索エンジンから訪問してくれた

お客さんに、商品の有益な情報を発信して、つまり広告ですね。

っで、最終的には、商品を買ってもらう。ってことです。

 
 

リンクポピュラリティーとは

他サイトからのリンクの量と質で、サイトを評価すること。

 

あなたのブログにいっぱいの被リンクがあれば、一応、人気サイトだ

とgoogleは判断し、検索上位表示されやすいということになり、

リンクポピュラリティーが高いってことになります。

 

しかし、ペンギンアップデートがはじまり、2013年6月現在は、

あまり、リンクポピュラリティーは重要視されなくなっています。

つまり、あなたのブログに数多くの被リンクがあっても、

検索上位表示されなくなってきてるんです。

 

数よりも、被リンクされているサイトの記事内容が良くて、

尚、評価が高くないとダメなんです。(ページランクが3以上のブログからの被リンクとか)

 

被リンクは、数より質の時代になりました。
内容のない薄っぺらなブログから、100個の被リンクをもらうよりも、内容の濃い、

ランクも高いブログからの1個の被リンクの方が検索上位表示されやすい時代になりました。

 
 

ページランクとは

 

Googleの検索エンジンとは違うアルゴリズムで評価したランクのこと。

ちなみに、ページランクの「ページ」とは、googleの創始者の名前からとったものです。

ランクは、0から10まであります。

何を基準にランク付けされているかは、不明ですね。
そうですね、記事数が多くて、毎日更新され続けているブログが

ランクをアップしていくようです。

 

個人ブログだと、ランク0から4くらいまでです。

有名会社関連の大きなサイトなどは、ランク5から9のサイトもあります。

ランク10は、国規模ですね。後、国連関連とか。

 

だいたい、100以上の記事があり、ブログを始めて1年以上経過していて、記事の更新

も頻繁にあるブログだとランク3がもらえるのではないかと。

 

3~5年くらい続けているブログでランク4のブログがありますが、

少ないです。 ランク4を目指してください。

 

ただですね、2年ほど前の話になりますが、

アメーバーブログで記事の文字数1000文字くらい、で毎日記事を

更新していったら、ブログを始めて3~4ヶ月でランク4をもらった

アフィリエイターさんがいました。

 

 

コンバージョン率とは

 

簡単にいいますとあなたのブログの購買率のことをいいます。

 

サイトを訪問したユーザーの数から商品購入、お問合せ、会員登録したユーザーの

確率を表した数値で表します。

 

アフィリエイターさんは、コンバージョン率を上げようと毎日苦労している

わけですね。

 

 

AdWords(アドワーズ)とは

 

Googleが提供するキーワード連動型広告。

 

検索で例えばアフィリエイトと検索されたら、googleの検索結果に

アフィリエイトに関連したブログが上位表示されます。

 

当然ですが非常に高い広告代がかかります。

googleはこれで、経営が成り立っているんですね。

 

よく似たものでPPCというものがあります。

掲載するだけなら料金がかからず、広告が実際にクリックされた回数分だけ費用が発生する、

クリック課金型のインターネット広告。
 

クリックされなければ、広告代を払わなくてもいいというありがたい

検索エンジンのシステムですね。

 

記事内容に自信があって、ブログを訪れてくれれば必ず買わせることができる

ライティング技術のある方は、やるべきアフィリエイトです。

 

 

リンクファームとは

 

無作為に関連の無い多数のサイト同士の相互リンク。

 

アフィリエイトのブログを運営しているのに、まったくアフィリエイトと

関係ないブログとの相互リンクは、検索順位を下げますので気を付けて

ください。 しかし、絶対にダメってことではなく、無関連のブログが多いとNG。

 

それと、ブログパーツで、自動被リンクとか、自動相互リンクなどという

パーツがありますが、スパムとして順位を下げられます。

とにかく、自動なんちゃらというブログパーツは付けない方がいです。

 

 

不自然なalt属性とは

 

画像のalt属性にキーワードを無数に詰め込む方法はスパム行為と見なされます。
 

例 <img src=”http:、、、、、、/seo002.jpg” alt=”SEO用語集 2

この黄色のマーカー部分にキーワードとなる単語をいれるわけですが、

ここに、複数の単語を入れては、だめですよ~ってことです。

 

キーワードは1つか2つくらいで、画像や記事と関連のある単語を入れてください。

 

 

インデックス(index)とは

 

SEOにおけるインデックスとは、検索エンジンがページをデータベースに登録することを指す。

webページはインデックス化されていなければ、検索エンジンの検索結果に表示されない。

 

つまりSEOにおいてページがインデックスされていなければ、

いくら内容が良いサイトでも意味がないわけです。
webページのインデックス数はsite:をURLの前に入れて検索すると調べられます。

基本、無料ブログってgoogleに早くインデックスされますね。

遅くても半日くらいです。

 

WPなどの独自ドメインのサイト系は、インデックスされるのが遅いです。

 

無料ブログは、ブログ会社が大きいほど早いですね。

ようは、ドメインがオーソリティをもっているからです。

つまり、無料ブログってすでに信用があり、googleのクローラがいつも回ってくるんです。

 

独自ドメインというのは、あなたの個人ドメインですから、

信用もないわけです。

 

WPなどのサイトブログは、長く続けることで信用ができ、クローラーも

回ってきやすくなります。

つまり、インデックスも比較的早くなります。

 

 

Google Analyticsとは

 

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供する高機能なアクセス解析ツールです。

PVからクリック数、ユーザーの滞在時間や移動履歴、流入キーワードなど様々な情報を取得

することができ、SEOにも役立てることができます。

 

Google Analyticsは僕も利用しています。

ただ、アフィリエイト初心者さんは、ちょっと難しい気がします。

 

わかりやすい無料のアクセス解析があります。

オススメは、忍者アクセス解析です。

 

スマートフォンに広告がでますが、そんなに気になるものではないです。

お金を払えば広告は消えます。

 

ヤバイのは、i2iアクセス解析ですね。

非常に、優秀な解析をしてくれるんで、人気があるんですが。

 

スマートフォンでみるとブログに広告がでます。

問題は、その広告です。

 

2013年6月現在ですが、めちゃエロいマンガの広告が

表示されてしまいます。

 

へたをすると、その広告のせいで訪問者がブログを閉じてしまう可能性

が高いです。

ここもお金を払えば広告は、消えますが、、、。

 

 

サイトボリュームとは

 

Webサイトのページ数のことであり、SEOの面では検索エンジンからの評価を決める要素の

一つである。

 

サイトボリュームが増えると、検索エンジンからのサイトへの入り口が増えるためアクセスアッ

プに繋がることが多いが、単にページ数が多いだけで内容が薄かったり、記事が重複したりして

いては検索エンジンから高い評価を得られないようです。

 

ページごとに良質なコンテンツページを増やすことが重要になっています。

 

これから、googleはペンギンだけでなくパンダアップデートも行って

くるでしょう。

 

そのためには、記事の文字数、記事の内容が上位表示するためのSEOと

なってきます。

 

 

Google+とは

 

Googleの検索結果においてユーザがよいと思うブログに対し、

「+1」ボタンが表示されてるボタンクリックすることで、 あなたの友人、知り合いなどにクリック

した情報を共有できる機能です。

 

「+1」をした結果があなたの友人・知り合いなどに表示されることで、

ブログを選ぶ評価基準の助けとなり、 さらにコミュニケーションが活性化される

目的となっています。

 

これからは、被リンクよりも、どれだけgoogle+をクリックされているか。

TwitterやFacebookもどれだけ、ツイート、リツイート、いいね、シェア。

の数字が多いブログが検索上位表示に影響してきます。

 

つまり、内容ある有益な記事を投稿することが、大切ってことですね。

 

 

ユーザビリティ(Usability)とは

 

ユーザーにとって扱いやすいサイトのこと。

使い勝手がよく、見易いサイトが優れたユーザビリティにつながる。

 

つまり、ユーザビリティのいいブログは、ブログからの離脱を少なく

することができるんです。

 

これも、検索上位表示に影響します。

文章に、難しい漢字や専門用語を使わない。

中学生でも理解できるような記事にする。

 

専門用語が使いたいなら、どこかにその用語の解説をすること。

 

よく、ブログにはクリックボタンがありますが、これらも英語などは
使わない方がいいです。
 
ヘッダーの下にあるソーシャルナビというクリックボタンも
英語のサイトがありますが、日本語にした方がいいですね。
 
誰にでもわかりやすいブログを目指すことが、離脱率を下げ、

検索上位表示されやすくなるってことです。

 

離脱率は、Google Analyticsというアクセス解析でわかります。

離脱率の低いブログを目指してください。

そのためには、ユーザビリティが大切です。

 

 

 

まえむき

 

管理人まえむきに質問があれば、下記からどうぞ (^_^)v もちろん無料です。

アフィリエイト初心者さん、大歓迎!!

メルマガ登録などもしませんから、安心してお問い合わせくださいね^^

管理人まえむきへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ

 

 

 

関連記事:

2 Responses to “アフィリエイト初心者さんのための SEO用語集 2”

  1. まえむき様
    初めてコメントいたします。
    ブログは全くの初心者で、存在さえ知らなかった言葉も 出てきましたが、とても分かりやすく勉強になりました。
    ありがとうございました。

    • まえむき より:

      おはようございます、ウェブマスターさん、まえむきです。

      僕の、ブログにコメントをありがとうございます。

      僕も、アフィリエイトを始めたころは、知らない用語ばかりで大変苦労しました。

      アフィリエイトの用語は、まだまだありますし、これから増えていきます。

      用語がわからないと、ブログを読んでいてもおもしろくないですよね。

      僕は、できる限り、一般的な言葉を使って説明をしようと、ブログを記事を作っていますが、

      どうしても、専門用語が出てしまう時があります。

      う~ん、やはり読み手の方にも、用語の勉強をしてもらうことがベストかな。

      そんな気がしています。

      頑張ってください。

      まえむき。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ