ペンギンアップデートの第2ステージがもうすぐ実行されます。

ペンギンアップデート第2ステージ第2回目のペンギンアップデートが

近く実行されるようです。

 

googleのマット・カッツ氏が

公式発表しました。

日本のSEOの有識者、鈴木謙一さんのブログによると、

マット・カッツ氏の公式発表を、次のように訳されていました。

あっ、その前に、そもそもペンギンアップデートとは、何かと言いますと。

 

サイトやブログが、スパム的に被リンクをしていた場合に、今の検索順位を

大きく落とすアルゴリズム(検索評価ブログラム)のことをペンギンアップデート

といいます。

 

お金で被リンクを買っている、自作自演の被リンクをしていることをスパムリンクというの

ですが、そのような行為で検索順位を上げることは、不正だと。

 

昨年、第1回目のペンギンアップデートが行われた時は、

ペラサイト、ペラブログ(数行しか記事がないブログ)から、何千個も自作自演で被リンク

をして、検索上位表示していたブログやサイトが、いっきに圏外へとばされました。

 

今回は、もっとそれを厳しくしたものだそうです。

そして、鈴木氏によると、アダルトサイト、キャッシングサイト、情報アフィリエイトサイト

が、かなり大きな影響を受ける可能性があるということです。

 

おいおい、情報商材アフィリエイトサイトって、僕らのサイトじゃないですか。

 

ただ、どれが自作自演、どれが有料の被リンクを見分けるのって難しいのでは。

こういうアルゴリズムって、へたをすると普通に被リンクされていても、ダメだし

をされることもおこるんじゃないかな。

 

googleさん大丈夫かな。

まじめにブログを作っている人に迷惑をかけるようなことはしないでほしいですね。

 

マット・カッツ氏によると、それは開発初期段階だと。

ちょっとまってよ、開発初期ってもっと完全なブログラムにしてから、

ペンギンアップデートをしてもらいたいですね。

 

堅実に質のある内容でしっかり記事をかいて、上位表示されているブログやサイトも

あるわけですからね。

 

アフィリエイターは大変な思いをして、毎日記事を書いて、それで稼いでるわけです。

それが生活費になっているわけですから。

 

いい加減なアルゴリズムで順位を決めるなんて、正直迷惑な話ですね。

確かに、昨年のペンギンアップデートは悪質なことをして、上位表示されていた

ブログやサイトが一掃されて、ありがたかったんですけど。

 

googleさんの悪口を言ってると、このブログもターゲットになるんかなぁ。

いや、僕は、間違ったことは言ってない。

 

こんなことで、検索順位に影響するならgoogleは、検索エンジンを辞めるべきだ。

 

ただ、今回のペンギンアップデートが実行される前に、もし僕やあなたのブログに

不正な被リンクをみつけた場合は、googleウェブマスターからメールが

くるそうです。

 

しかも、以前のような、どこの被リンクが悪いのか教えてくれないものではなく、

今回は、ある程度サンプルとしてURLを教えてくれるということです。

 

そのメールが届いたら、すぐにその被リンクを削除すればいいということになります。

ただ、順位が大きく下がるかもしれないです、しかし圏外にぶっ飛ばされることは、

免れると思います。

 

う~ん、仕方ないのかなぁ、ペンギンアップデート。

このネット社会には、数十人ではなく、数百人、数千人規模で被リンクを

送り合っている組織がある。

 

はてなブックマークも数千人規模で相互でブックマークしている組織が

あると、あくまで噂だと思うのですが。

 

そういうやからを、一掃してくれるペンギンアップデートなら、大歓迎

なんですけどね。

 

 

それから、正直googleに言いたいことがある。

なんで、今だにワンクリック詐欺のサイトが存在している。

中国のサイトには、人のサイトやブログを乗っ取ろうとしているサイトもある。

 

オールドドメインだからて、どうして数ページしかないサイトにページランクがある。

そして、オールドドメインは高値で当たり前のように取引されている。

 

先にこれらの一掃をするべきではないのか。

 

 

宜しくおねがいしますよ~googleさん、いやgoogle様。

 

まあ、とにかく、今回のアルゴリズムにミスがないように。

 

 

まえむき

 

管理人まえむきに質問があれば、下記からどうぞ (^_^)v もちろん無料です.

アフィリエイト初心者さん、大歓迎!!

メルマガ登録などもしませんから、安心してお問い合わせくださいね^^

管理人まえむきへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ