アフィリエイト初心者のためのSEO講座 5


SEO効果を考えたリンク 3、 理想的な被リンクについて」

前回は、サテライトブログを50個ほど作りましょう。

ということでしたね。

もう少し、サテライトサイトについて、解説をさせていただきます。

サテライトサイトからの被リンクの仕方

何度も重ねて言っていますが、グーグルは、ナチュラルリンクを好みます。

そのためには、サテライトサイトからの被リンクの仕方を考えないといけません。

以前は、普通にすべてメインサイトのトップページに被リンクをしていました。

どうもそれがあまりよくないというのです。

つまり、グーグルは、すべての被リンクがトップページばかりだと、不自然だと。

被リンクは、トップページだけではなく、記事にも被リンクをしてください。

例えば、僕のブログで説明します。

僕の、トップページのタイトルは「アフィリエイト初心者が稼ぐ前向きブログ」

URLは、http://maemuki1.com/ です。

① 普通は、下記のようにリンクをしていますが。(トップページをブログタイトルのままでリンク)

<a href=”http://maemuki1.com/>アフィリエイト初心者が稼ぐ前向きブログ</a>

② 理想的には、下記のようなリンクがいいですね。(記事をリンクしてテキストは、キーワードを使う。)

<a href=”http://maemuki1.com/archives/1541>初心者 SEO講座</a>

上記のHTMLの違いは、わかりますよね。

黄色のマーカーがリンク先のURLです。

① は、トップページにリンクしています、しかもブログタイトルのままです。
(できれば、トップページもキーワードがいいです。)

  キーワードは、「アフィリエイト 初心者」などです。

「アフィリエイト 稼ぐ」でもいいです。

② は、記事ページにリンクしています、そして、テキストはキーワードになってます。

これは、あくまでも、サテライトサイトから被リンクする場合です。

トップページは、相互リンクや、ソーシャルブックマーク、RSS、中小検索エンジンなどで、

かなり、多くリンクされていることが多いですからね。

記事にも、リンクがあることが、ナチュラルリンクになるわけです。

グーグルは、他人がブログをリンクする場合、トップページではなく、記事をリンクするだろうと考えています。

サテライトブログからのリンクの例

例えば、

サテライトで記事を書いて、僕のブログの「アフィリエイト初心者のためのSEO講座 1」に

リンクしをする場合。

実際の記事は、もっと長いですが。

記事例

アフィリエイトは、多くのブロガーがやっています。

多くのブログよりも、検索エンジンで上位に表示されることで、集客がアップします。

そのためには、初心者のためのSEO講座などで勉強する必要があります。

赤の文字の部分をテキストとしてリンクします。

実際に僕の記事の「アフィリエイト初心者のためのSEO講座」にリンクしてみます。

そのためには、初心者のためのSEO講座などで勉強する必要があります。

青の下線があるところをクリックしてみてください。

どうですか。

リンクされていますね。

記事ページのURLは、IEなら、下記のように表示されます。

上部の赤枠のURLを、コピーしてください。

記事のURLは、わかりましたよね。

まとめ

サテライトサイトからの被リンクは、記事からキーワードを使ってリンクする。

メインブログのトップページではなく、記事ページをリンクする。

次回は。

SEO効果を考えたリンク 4、 理想的な被リンクについて(3)」

ソーシャルブックマークについて解説します。

わからないところがありましたら、まえむきにメールしてください。

なんでも、相談にのりますよ^^

もちろん、お金はいりません^^

ブログランキングに参加しています。
下のボタンをクリックしてやってください。よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

アフィリエイト初心者のかた、わからないことがありましたら、どんなことでも、まえむきにメールしてください。

関連記事:

10 Responses to “アフィリエイト初心者のためのSEO講座 5”

  1. ごう より:

    まえむきさん
    はじめまして。

    ごうと申します。
    よろしくお願いいたします!

    とっても分かりやすい記事ありがとうございます^^
    サテライトサイトからのリンクは記事にも・・・
    しっかり実践していきたいと思います。

    また寄らせていただきますね。

    応援♪

    • まえむき より:

      おはようございます、ごうさん、はじめまして、まえむきです。
      僕の、ブログにきていただき、応援、コメント、ありがとうございます。

      SEO対策は、大変ですよね、年々変わってきますし、
      来年、再来年は、パンダアップデートなどというアルゴリズムがでてきます。

      今、現在、英語圏では、パンダアップデートで、内容のないサイトは、削除されています。
      日本には、いつくるでしょうね。

      ごうさん、また、遊びにきてくださいね^^

  2. みや より:

    まえむきさん、初めまして。
    みやといいます。
    人気ブログランキングから来ました。

    うお!矢野さんがコメントしてる!

    ・・・スミマセン、ファンなもんでw

    記事ページへのリンクですか。
    ・・・してないorz
    すべてトップページだw
    まさに不自然。

    勉強になりますm(_ _)m

    それでは。
    応援ぽちん(・∀・)b

    • まえむき より:

      おはようございます、みやさん、はじめまして、まえむきです。
      僕の、ブログにきていただき、応援、コメント、ありがとうございます。

      今までのアフィリエイターさんは、ほとんどの方がトップページにリンクしてますよ^^

      僕も、ここ2~3ヶ月くらい前からです、記事にリンクを始めたのは。

      みやさん、また、遊びにきてくださいね^^

  3. まえむきさんへ

    初めまして。ランキングより参りました
    かれんと申します。
    どうぞ宜しくお願いします。

    SEOのサテライトサイトからの
    バックリンクの送り方が
    とても良く分かりました。

    「ナチュラルリンクを好む」とは
    色々なところで聞きますが、
    こうして具体的に例を示して頂けると
    実践しやすいですね^^。

    応援☆です。

    • まえむき より:

      こんにちは、かれんさん、はじめまして、まえむきです。
      僕のブログにきていただき、応援、コメントありあとうございます。

      記事にお褒めの言葉ありがとうございます。

      ナチュラルリンクってやつですね。
      相互リンクの場合、自然に考えて、同じ種類のブログの相互リンクが多くなるということです。
      例えば、20個の相互リンクがあるなら、19個は、アフィリエイト関連のものになります。

      被リンクの場合、トップページではなく、記事を被リンクするのが自然ということになります。

      また、遊びにきてくださいね。

  4. まえむきさん
    こんばんわ、ARMSです。

    トップページだけではなく、
    記事毎にもリンクを貼るって重要ですよね^^

    重要としりつつ、
    あまり手を打ってませんでした。

    この記事を参考に今後は気合で頑張ります!
    今後ともよろしくお願いします。

    • まえむき より:

      こんにちは、ARMSさん、まえむきです。
      僕のブログにきていただき、応援、コメント、ありがとうございます。

      そうなんですね、トップページだけ被リンクされてるブログは、グーグルは不自然と判断するようですね。
      記事に被リンクを付けたほうがいいですよ。

      ソーシャルブックマークも、記事に被リンクしてください。

      がんばってください。

  5. こんにちは矢野です。

    なるほど被リンクは、トップページだけでいいと思っていましたが
    記事ページのリンクも必要なんですね^^

    勉強になりました。

    応援おん♪

    • まえむき より:

      こんにちは、矢野さん、まえむきです。
      いつもお世話になっています。

      グーグルの考え方として、
      例えば訪問者が、検索をして、たどり着くところは、おそらく記事ページの場合が多いだろうと。
      その記事の内容がいいものなら、訪問者は、そこのページを被リンクにするであろう。
      グーグルは、そう考えてアリゴリズムを作っています。

      だから、トップページだけでなく、記事ページにも被リンクがあるほうが、ナチャラルリンクと判断されます。

      サテライトからの被リンクは、メインサイトの記事ページ、しかも、記事を作り、その記事の中にキーワードを入れて、そのキーワードから被リンクが一番いいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ