アップルの株、上昇


アップルは、株価が7ポイント上昇したことで、株式時価総額が3000億ドルを超えたって。
すごいね、マイクロソフトを抜いたんだ。

そうですよね、今スマートフォンがガンガン売れています。

アンドロイドのグーグルスマートフォンにするか、アップルのアイフォンにするかで、競争も激化しています。

僕は、アイフォンが強い可能性が高いきがしますね。

今まで、アイフォンは、にほんにおいて、ソフトバンクだけがさんにゅうしていしたが、これからは、AU、DOKOMOもアイフォンを売る可能性が

大きいです。

もし、3社とも、アイフォンを売り出し始めたら、もしかするとアイフォンの勝になるのではないでしょうか。

アンドロイドには、大きなデメリットがあります、それは、ウィルスですね。

こいつが売れ行きの邪魔をしそうです。

それに対して、アップルのアイフォンは、OSを誰にも公表していません(アンドロイドは公表してます)

そのため、アイフォンのウィルスができない環境にあるんです。

ウィルスがいるのといないとでは、いなほうが断然いいですからね。

例え、セキュリティソフトがあるのしても、いたちごごで、次から次にウィルスができあがってきます。

実は、僕はアントロイド派なんですが、アイフォンにしようかとも思っています。

やはりですね、アイフォンにもデメリットがあるんですよ。

アイフォンは、充電池の交換が個人ではできないのです。

近くにある、アップル社だけが窓口なんです。

アイフォンを買った、ソフトバンクでは、対応してないんですよ。

って、バッテリーの寿命がきた、故障したなんてときは、郵送でアップル社にスマートフォンを送らないといけないんです。

これも、おおきな、デメリットですね、アンドロイドなら、充電池がダメになっても、近くのショップで買って自分で交換できますからね。

アイフォンだと、郵送で電池交換なんてしてらいたら、3日以上は、スマホが使えなくなりますから、やばいですよね。

後、アイフォンは、SDカードのようなものはありません、保存は、アイフォンの中にあるSDのようなものに保存されるんです。

アンドロイドのように、SDを、16ギガから、32ギガに変えることができないのです。

また、アンドロイドなら、SDカードをはずして、簡単にパソコンへデータを保存できます。

さあ、非常に迷いますよね。いったいどちらを買えばいいのでしょうか?

ウィルスなんて絶対嫌だって人には、アイフォンをお勧めします。

いや、ウィルスは、セキュリティを信頼して、いろんなソフトがアプリが使える方がいいって方は、アンドロイドに。

ってことでしょうか。

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ